読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のたりのたりしてたり

パンを焼いたり、写真を撮ったり、何か食べに行ったり

Kindle Paperwhiteを使ってみたよ(ほんの数日ですが)

以前のエントリ「

Kindle Paperwhite買いました! - のたりのたりしてたり」でご紹介したとおり、私にとって初めての電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を数日使ってみたので、その感想を書いてみたいと思います。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

 

 

開封して見てみた最初の感想は「意外と小さいな」。

本体はダイソーで売っている120枚収納できる名刺ホルダーよりちょっと長さが短いくらい。

なので、白枠に囲まれた画面はもっと小さい。

画面の長さはiPhone6 Plusと同じで、幅はもう少し広い感じ。

f:id:jedimastermio:20160723123917j:plain

 

さてさて、いよいよ起動してみましょう。

本体底部にある電源スイッチを入れ、使用する言語を選んだら、ワイヤレスネットワークを選択し、Amazonアカウントを登録。

さらにSNSアカウント(facebookなど、オプション)へのリンクを尋ねられますが、今回そこはスキップ。

そして初期設定が完了となります。

めっちゃ簡単。

 

自分のAmazonアカウントの登録が完了すると、以前購入した電子書籍がホーム画面のマイライブラリに自動的に表示されます。

さらに、ホーム画面の状にあるツールバーには、「ストア」という項目があるので、そこからいつでも欲しい電子書籍を買うことができます(私はWi-FiのみのモデルなのでWi-Fi環境がある場所でのみお買い物ができます)。

試しに旅行雑誌などを適当に試し読みしてみましたが、カラー写真の多い雑誌だったらしく、モノクロのKindleで見てもおもしろさ半減。

f:id:jedimastermio:20160723125358j:plain

選ぶ本を間違えた。

 

で、このKindleで読みたい日本文学を青空文庫からダウンロード。

Kindleストアに青空文庫の項目があるので、そこからお好きな小説が無料で手に入れられます。

私は大好きな太宰治芥川龍之介の作品をいくつか入れました。

これまで、読書好きなら読んでいて当たり前の日本文学を読んでおらず、自分の教養のなさがいい加減嫌になったので、もうかなり大人だけど、これを機にきちんと読んでみようと思います。

まぁ、今回ダウンロードしたのは、以前読んだことのある小説ばかりですが。

復習も大切。

 

Kindleではホーム画面でフォント(明朝、ゴシック、筑紫明朝の3種類)が選べ、さらに文字サイズも8つから選択できますよ。

f:id:jedimastermio:20160723125420j:plain

なので、明朝体でそこそこの大きさの文字フォントを選べば、本当に紙の小説を読んでいるような気分になれます。

さらにフロントライトを採用しており、解像度は300ppiなので、目に優しく、文字の読みやすさもほどほどという適度な感じ。

画像を見るわけでないので、バッキバキに解像してくれなくても私的には全然OKです。

これが漫画を中心に読む人だとどうなんだろう?

昔々のざらざらの紙に印刷されたジャンプやマガジンなどの週刊誌よりはずっと絵も解像してくれると思いますよ。

まぁ、何でも程度問題なので、気になる人にはなるかもって感じ。当たり前か。

 

で、Kindle Paperwhiteにはおおむね満足しているのですが、今回使ってみて気になったところもいくつかあるのでご紹介します。

縦書きの文章の場合は紙の小説と同じように左から右へ指をスワイプすることで難なくページを進められたのですが、横書きの場合はついスマホやPC画面と同じように画面下から上へスワイプしてしまいます。

これは私がまだKindleになれていないからですね、慣れれば問題にならなくなると思います。

あと、想像していたよりもタッチパネルの反応が鈍いです。

iPhoneと同じようにやっていると、思った通りに操作されません。

特に文字を打ち込むキーボードの反応はかなり鈍いです。

ひと文字ひと文字確認しながらゆっくり打たないとダメですね。

また、文中の言葉を辞書で調べる際は文字を長押しして色を反転させることで辞書機能が立ち上がるのですが、それが思い通りに指定された試しがありません。

指定したい言葉より長すぎるか、短すぎるか。

なので、その反転をちゃんと指定したい文字だけにしようとするのですが、ここでもタッチパネルの鈍さが発揮され、全然思い通りに動いてくれません。

これも慣れも問題かもしれませんが、ちょっとストレスが貯まります。

 

あ、あと驚いたのが、専用のケースの使い方。

スマホのケースみたいに樹脂の枠にぴちっとはめるのではなく、Kindleの四隅を黒いゴムバンドで留めるという、今時びっくりするくらいアナログな方法を採用しています。

f:id:jedimastermio:20160723124124j:plain

 

とまぁ、使ってみてこんな感じです。

慣れないので使いにくいと感じる部分が多いのかもしれないので、自分なりに使い込んでみて良い方法を見つけていきたいと思います。

伊勢神宮奉納全国花火大会へ行ってきました

7月16日(土)に三重県伊勢市にて行われた「伊勢神宮奉納全国花火大会」へ行ってきました。

これは毎年、伊勢市にて行われている花火大会で、地元では「宮川の花火」と呼ばれ親しまれています。

宮川とは伊勢市内を流れる川で、この河川敷を会場に花火が行われます。

 

この花火大会は、ただ単に花火を見せるだけでなく、競技として花火を見せるという珍しいもので、日本三大競技花火大会のひとつに数えられています。

参加する団体はおよそ50軒。

競技としては10号玉とスターマインのふたつの部門で腕が競われ、それぞれに形や大きさ、色など趣向を凝らした花火が打ち上げられます。

スターマインの部では音楽も演出の一つとして使われており、音楽に合わせて打ち上げられるのも見物です。

 

私は毎年友人のご厚意により、有料の桟敷席で観覧させてもらっています。

おかげで人混みに押されることなく、自分たちで食べ物や飲み物(もちろんアルコールも)を大量に持ち込んで、ゆったりと花火を楽しんでいます。

ちなみに私は湯種ベーグルを焼いて、それをサンドイッチにして持ち込みました。

あせって準備をしたので、写真は撮れませんでした。

残念。

 

さて、それでは撮影した写真を紹介していきましょう。

桟敷席の最前列で見られたので場所的には最高だったのですが、当日はほぼ無風のため上空に煙が停滞してしまい、それが花火と重なってしまったのが残念でした。

伊勢神宮奉納全国花火大会-196

伊勢神宮奉納全国花火大会-192

伊勢神宮奉納全国花火大会-186

伊勢神宮奉納全国花火大会-178

伊勢神宮奉納全国花火大会-172

伊勢神宮奉納全国花火大会-170

伊勢神宮奉納全国花火大会-158

伊勢神宮奉納全国花火大会-154

伊勢神宮奉納全国花火大会-148

伊勢神宮奉納全国花火大会-218

伊勢神宮奉納全国花火大会-214

伊勢神宮奉納全国花火大会-206

伊勢神宮奉納全国花火大会-202

伊勢神宮奉納全国花火大会-198

自分の目線より三脚を高く設置できず(後ろにも観覧する人がいるので)、また、移動せずずっと一ヶ所で撮影していたため、同じような写真ばかりになってしまいました。

まぁ、今回は写真撮影ではなく、友人達と花火を楽しむのが主目的なので、これは仕方ないでしょう。

 

スターマインは次々と花火が打ち上がるので、普通に撮っていては露出オーバーになるため、ND16フィルターを付けて撮影することにしました。

結局、フィルターの着脱が面倒だったので、ほぼすべての写真をフィルター付きで撮ったのですが、多少暗くてもLightroomでRAW現像する際にかなり助けられたので、結果オーライです。

 

昨年のこの花火大会は荒天のため9月に順延され、少し肌寒いなかで見ていたのですが、今年は予定通りに開催され、寒くも暑くもない絶好のコンディションで見られて良かったです。

今年の花火シーズンもいよいよ開幕。

時間の許す限り、できるだけいろんな花火を見に出かけたいですね。

 

Kindle Paperwhite買いました!

7月12日に行われたAmazonプライムセールで、Kindle paperwhiteを買いました!

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

 

 

ここ数週間、自分の読書スタイルについて考えていて、今現在の読み方(一冊に集中するんじゃくて何冊も平行して読んでいます)に合わせるとなると、やはり持ち運び便利な電子書籍リーダーを買おうというところまでは決めたんです。

 

で、まず最初に悩んだのがどのデバイスにするか?

当初は電子書籍リーダー以外にもいろいろ使えるからとタブレット端末(ASUSのZenpadにMVNOSIMカードを放りこもうと考えてました)の購入に傾いたのですが、さまざまな条件を考えていくうち、それも保留に。

 (でもそのうちコレも買ってしまうかも…)

 

最近、電気を消して布団に入ってからスマホを見るクセがついてしまい、このままではさらに目が悪くなってしまうと言う危機感を持っていたので、できるだけ目に優しいものをと考えた時、スマホと同じような光源を持つタブレットは良くないんじゃないかと思って。

それに、タブレットでできることはだいたいスマホでできるだろうし、別に大画面を欲していないしなぁ、なんて考えるとタブレットの線は消えたのでした。

使っているスマホiPhone6 plusという画面が大きなモデルだったというのもタブレット端末をあまり必要と感じなかった理由のひとつですね。

 

さぁ、電子書籍リーダーを買おう!と決めたら、次は「どの」電子書籍リーダーにするかです。

具体的には、KindleKoboか。

ネットをさまよってさまざまな比較記事を読んでみたところ、操作性でKindleが勝るというレビューを多く見つけたのでKindleに決定!

防水機能を備えたKobo Aura H2Oにもかなり惹かれたんですけど、お風呂での読書習慣もないし、別に防水じゃなくてもいーや、ということでKoboの線は消えました。

 

4種類のKindleの中でも、予算の関係で買えるのはKindleKindle Paperwhiteのどちらか。

なら解像度が高くて見やすいKindle Paperwhiteを選ぶに決まっているでしょう。

困ったときは予算内で一番良いモデルを買うというのが私の中での鉄則です。

 

で、3G回線の使えるモデルか、Wi-Fiのみのモデルかを選ぶのですが、自宅ではWi-Fiでいいし、出先で本が欲しくなったらスマホテザリングすれば良いので3Gという選択肢は消えました。

起動させたときにキャンペーン広告が出てくるのは確実にウザいので、2,000円高くなってもキャンペーン広告なしをチョイス。

色は白、確実に白。

だってより本らしいでしょ、黒枠デザインのものより。

 こうして文字にすると、機種が定まるまでには細かいことを含めていろいろ決めてきたことが分かりますね。

 

この決定を下したのが6月下旬。

7月12日にはプライムセールがあるということで、2週間ほどその日を待ち続けました。

おかげで、通常価格16,280円が7,300円OFFの8,980円でゲットすることができました。

待ってて良かったプライムセール。

 

これと同時にカバーも購入。

落としたりぶつけたりして壊したら大変ですからね。

 ただ、画面保護カバーは実際に使ってみて必要かどうか判断しようと思っているので、まだ買っていません。

 

で、本日、Kindle Paperwhite本体とカバーが手元に届きました。

いいねー、いいねー、ディスプレイもぱっと見、目に優しい感じ。

これで読書も捗るぞ、きっと。

 

もう少し使用してみて、使い心地などについては後日記事にしようと思います。