のたりのたりしてたり

パンを焼いたり、写真を撮ったり、何か食べに行ったり

梅酒の梅の実で作るパウンドケーキ

昨年漬けた梅酒の梅の実を使ってパウンドケーキを作りました。

今年の梅酒を漬けるために瓶を空けなくてはならなくて、梅酒は洋酒の空き瓶に、梅の実は別に分けておいてあったので、これを何とか消費しなくてはなぁと思いついたのがパウンドケーキ。

洋酒に漬けたドライフルーツみたいにつかえるんじゃないかと思って。

梅パウンドケーキ-28

 

今回、参考にしたのは小嶋ルミさんのレシピ。

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

 

 通常、常温に戻したバターに砂糖をすり混ぜる方法で作るんだけど、小嶋ルミさんの作り方は常温のバターに砂糖を加えてからふわふわのホイップ状になるまで泡立てるというもの。

焼き上げたら、まだ熱いうちにシロップと梅酒を合わせたものを刷毛で生地全体に打ちます(レシピではシロップとラム酒)。

ホイップしたバターのせいか、食感はとても軽く、口溶けも非常になめらか。

最後に打った梅酒シロップの効果もあって、全体にふんわりと梅酒の風味が広がります。

 

焼き菓子全般に言えることだと思いますが、焼きたてよりも1日ほど置いたほうが味が馴染んで美味しくなります。

なので、これも昨晩作り、ラップでぴっちり包んで冷蔵庫で寝かせておきました。

 

とても美味しくできたのですが、発酵バターを使ったらもっと風味豊かになったんじゃないかと思います。

次回はちゃんと材料そろえて作ろう。