のたりのたりしてたり

パンを焼いたり、写真を撮ったり、何か食べに行ったり

伊勢神宮へ朔日参り

今月の1日に伊勢神宮へ朔日参り(ついたちまいり)へ行ってきました。

伊勢では古くから1日に神宮へお参りする風習があります。

現在でも毎月1日の早朝には多くの参拝者が神宮を訪れており、それに伴って門前町であるおかげ横丁などでは早朝から営業しています。

まずは内宮からお参りしました。

伊勢神宮内宮-8

伊勢神宮内宮-14

伊勢神宮内宮-64

サミット後ということもあり大勢の参拝客で賑わっているかと思いきや、いつもの月より全然少なめ。

おかげで気楽に撮影できました。

伊勢神宮内宮-24

伊勢神宮内宮-36

伊勢神宮内宮-50

早朝に内宮へ行くとたまに野生の鹿に会うことがあるのですが、この日は何も現れず。

残念。

 

赤福本店では朔日餅の販売をしており、大勢の買い物客が長い列をなしていました。

赤福本店-9

今月は麦手餅というお餅を販売。

www.akafuku.co.jp

もっとも1日に限らず赤福本店は毎朝5時から営業していますので、早朝参拝の方が足を休めることも少なくありません。

もちろん1日が特別なのは言うまでもありませんが。

 

さて、通常の参拝順序とは逆ですが、外宮へも足を伸ばしてみることにしましょう。

(本来、伊勢神宮への参拝は外宮→内宮の順番が正しいです)

伊勢神宮外宮-6

伊勢神宮外宮-22

古殿地(次回の遷宮で本殿が建てられる場所。現在の本殿の真横にある)から本殿をパチリ。

伊勢神宮外宮-32

現在の古殿地はこんな感じ。

小さなお社だけが建っています。

伊勢神宮外宮-58さてお参りです。

伊勢神宮外宮-74

内宮と同じく外宮も随分人が少なく感じました。

平日だったからかなぁ。

伊勢神宮外宮-80

 

参拝も済んだことですし、外宮参道にあるレストラン「ココット山下」へ朔日粥を食べに行きましょう。

ここは普段はフレンチレストランとして営業していますが、毎月1日のみ早朝から営業し、月替わりの洋風お粥を提供しています。

ise-cocotte.com

まずは茄子の洋風田楽から。

ココット山下の朔日粥-4

とろけるチーズが掛けられててグラタン風な茄子田楽。

とろとろの茄子が美味しい。

 

そしてお待ちかねの焼きおにぎり茶漬け。

ココット山下の朔日粥-20

STAUBのココットに入れられて登場。

お客の目の前でだし汁が注がれるのですが、あせって写真を撮ったためブレブレでお見せできません(´;ω;`)。

どちらの料理も完食。

朝からごちそうさまでした!