読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のたりのたりしてたり

パンを焼いたり、写真を撮ったり、何か食べに行ったり

Kindle Paperwhite買いました!

7月12日に行われたAmazonプライムセールで、Kindle paperwhiteを買いました!

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

 

 

ここ数週間、自分の読書スタイルについて考えていて、今現在の読み方(一冊に集中するんじゃくて何冊も平行して読んでいます)に合わせるとなると、やはり持ち運び便利な電子書籍リーダーを買おうというところまでは決めたんです。

 

で、まず最初に悩んだのがどのデバイスにするか?

当初は電子書籍リーダー以外にもいろいろ使えるからとタブレット端末(ASUSのZenpadにMVNOSIMカードを放りこもうと考えてました)の購入に傾いたのですが、さまざまな条件を考えていくうち、それも保留に。

 (でもそのうちコレも買ってしまうかも…)

 

最近、電気を消して布団に入ってからスマホを見るクセがついてしまい、このままではさらに目が悪くなってしまうと言う危機感を持っていたので、できるだけ目に優しいものをと考えた時、スマホと同じような光源を持つタブレットは良くないんじゃないかと思って。

それに、タブレットでできることはだいたいスマホでできるだろうし、別に大画面を欲していないしなぁ、なんて考えるとタブレットの線は消えたのでした。

使っているスマホiPhone6 plusという画面が大きなモデルだったというのもタブレット端末をあまり必要と感じなかった理由のひとつですね。

 

さぁ、電子書籍リーダーを買おう!と決めたら、次は「どの」電子書籍リーダーにするかです。

具体的には、KindleKoboか。

ネットをさまよってさまざまな比較記事を読んでみたところ、操作性でKindleが勝るというレビューを多く見つけたのでKindleに決定!

防水機能を備えたKobo Aura H2Oにもかなり惹かれたんですけど、お風呂での読書習慣もないし、別に防水じゃなくてもいーや、ということでKoboの線は消えました。

 

4種類のKindleの中でも、予算の関係で買えるのはKindleKindle Paperwhiteのどちらか。

なら解像度が高くて見やすいKindle Paperwhiteを選ぶに決まっているでしょう。

困ったときは予算内で一番良いモデルを買うというのが私の中での鉄則です。

 

で、3G回線の使えるモデルか、Wi-Fiのみのモデルかを選ぶのですが、自宅ではWi-Fiでいいし、出先で本が欲しくなったらスマホテザリングすれば良いので3Gという選択肢は消えました。

起動させたときにキャンペーン広告が出てくるのは確実にウザいので、2,000円高くなってもキャンペーン広告なしをチョイス。

色は白、確実に白。

だってより本らしいでしょ、黒枠デザインのものより。

 こうして文字にすると、機種が定まるまでには細かいことを含めていろいろ決めてきたことが分かりますね。

 

この決定を下したのが6月下旬。

7月12日にはプライムセールがあるということで、2週間ほどその日を待ち続けました。

おかげで、通常価格16,280円が7,300円OFFの8,980円でゲットすることができました。

待ってて良かったプライムセール。

 

これと同時にカバーも購入。

落としたりぶつけたりして壊したら大変ですからね。

 ただ、画面保護カバーは実際に使ってみて必要かどうか判断しようと思っているので、まだ買っていません。

 

で、本日、Kindle Paperwhite本体とカバーが手元に届きました。

いいねー、いいねー、ディスプレイもぱっと見、目に優しい感じ。

これで読書も捗るぞ、きっと。

 

もう少し使用してみて、使い心地などについては後日記事にしようと思います。