のたりのたりしてたり

パンを焼いたり、写真を撮ったり、何か食べに行ったり

鳥羽みなとまつりへ花火を見に行ってきました

前回のエントリ

jedimastermio.hatenablog.com

に続き、今年2回目となる花火を見に、7月22日(金)三重県鳥羽市で行われた鳥羽みなとまつりへ行ってきました。

鳥羽みなとまつりは鳥羽駅から歩いてすぐというアクセス便利な場所で開催されるので、鳥羽市外からも多くの観覧客を集めます。

 

普段静かな鳥羽に、どこにいるのか?というぐらい大勢の人(特に若い人)がこの日ばかりは溢れます。

この日は奇しくもPokemon GOのリリース日と重なり、スマホを見ながら道行く人がいっぱい。

撮影ポイントを探しがてらお祭り会場をぶらぶらしましたが、地元の商工会や各種団体が出店を出すなど、いわゆるテキ屋以外の地元勢が多いのも印象的でした。

 

この花火大会は海上から花火が打ち上げられるので、海岸線沿いには席取りのゴザなどがずらっと並んでいました。

しかし、堤防のそばだと海面に反射する花火を撮影することができないので、私は少し離れた高台にある鳥羽城跡から撮影することにします。

ここだと海上の打ち上げ場所が分かるだけでなく、道路を走る車のライトの軌跡や運が良ければ近鉄列車の軌跡も花火と共に撮影できます。

私以外にもカメラを抱えた人が何人かいらっしゃいました。

 

さて、花火の写真をいくつか紹介しましょう。

鳥羽みなとまつり-284

鳥羽みなとまつり-198

鳥羽みなとまつり-194

鳥羽みなとまつり-144

鳥羽みなとまつり-126

海の上で花火が炸裂する海上自爆もありました。

迫力満点!!

鳥羽みなとまつり-204

鳥羽みなとまつり-64

鳥羽みなとまつり-60

鳥羽みなとまつり-42

鳥羽みなとまつり-38

横長にするとミキモト真珠島への渡り廊下の照明も一緒に写せるのですが、そうなると大きな花火がフレームに収まらなかったので、もう少し広角レンズが欲しいなと思いました。鳥羽みなとまつり-24

1フレームに複数の花火を入れたいので、ND16フィルターを使いシャッタースピードを遅くしたのですが、この日は向かって右から左へゆるく風が吹いており、長時間露光すると花火が全体的に左へ流れてしまいました。

もう少しISOを上げてシャッタースピードを短くした方が良かったのかなぁ。

でもそうすると花火を何発も一緒に写せないし。

やはり単発で撮った写真をPhotoshopで合成するしかないのか?

 

花火写真は難しいです。

まぁ、簡単な写真などないのですが。